「ブラジル人との国際結婚手続」

ブラジルでは、男女とも16歳から結婚できます。ただし、18歳未満は父母又は後見人の同意が必要です。

Ⅰ.日本で先に結婚手続をする場合

まず初めに、ブラジル人の配偶者となる方の婚姻要件具備証明書を取得します。在日ブラジル大使館に請求します。申請者本人が出向かなければならないので、すでに在留資格をもって日本に滞在しているブラジル人の方は問題ありませんが、日本にいない場合は、日本に呼び寄せることになります。
☑婚姻要件具備証明書を取得する際に必要なもの
【ブラジル人が用意するもの】
・パスポート
・在留カード又は住民票の原本
・申請者の婚姻状況を証明するもの(発行後6か月以内のもの)
 以下の@〜Bのいずれか1点
 @出生証明書(未婚者の場合)
 A離婚の記載事項のある婚姻証明書(離婚歴のある場合)
 B配偶者の死亡の記載事項がある婚姻証明書(死別の場合)
・証人2名のパスポート(証人がブラジル人の場合)
※証人は18歳以上でなければなりません。
※証人がブラジル人の場合は、来館が必要です。証人が外国人の場合は、公証人役場でのサイン認証になります。(来館は不要ですが、写真付き身分証明書のコピーが必要)
☑日本の役場に提出するもの
【日本人が用意するもの】
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・戸籍謄本(本籍地以外で婚姻届を提出する場合)
【ブラジル人が用意するもの】
・婚姻要件具備証明書(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・パスポート(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
婚姻届とともに、すべての書類を提出します。その後、ブラジル大使館に報告的届出をします。
☑ブラジル大使館に提出するもの
・婚姻届受理証明書(ポルトガル語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・婚姻届出記載事項証明書と添付書類の写し(ポルトガル語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・婚姻の事実が記載された戸籍謄本(ポルトガル語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・夫婦の身分証明書(パスポートや運転免許証等)
※書類の事前審査着必要となるため、パスポート等の身分証明書以外は原本の郵送が必要です。
これで婚姻手続は完了です。

 

Ⅱ.ブラジルで先に結婚手続をする場合

ブラジルで先に婚姻手続をする場合は、すでにブラジルに住んでいるか、今後ブラジルに移住するつもりであるかのいずれかの場合に限ります。手続が煩雑な上に費用も日数もかかります。
まず初めに、結婚する場所の役場において「結婚の公示」を申請します。
☑公示申請に必要なもの
・結婚する当事者の身分証明書
・日本人の婚姻要件具備証明書(外務省に認証されたのもの)
・日本人の戸籍謄本(外務省に認証されたもの)
・ブラジル人の出生証明書
※日本の書類は、すべてポルトガル語に翻訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの。
公示の申請後、結婚の公示が1か月間新聞に掲載されます。公示期間終了後、役場において結婚式の予約をします。結婚式が終了すると、婚姻証明書を発行してもらえるようになります。その後、日本側への報告的届出を行います。
☑日本大使館に提出するもの
・婚姻届
・日本人配偶者の戸籍謄本
・婚姻証明書(原本並びに日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
日本大使館に届出をすれば、婚姻手続は完了です。