「フランス人との国際結婚手続」

フランスでは、男性18歳・女性15歳から結婚できます。18歳未満は、父母の同意が必要です。各市や区によって結婚手続が異なり場合がありますので、結婚する市役所等に必要書類の確認をお勧めします。

Ⅰ.日本で先に結婚手続をする場合

まず初めに、フランス人の配偶者となる方の婚姻要件具備証明書を取得します。在日フランス大使館に請求します。
☑婚姻要件具備証明書を取得するために必要な書類
【フランス人が用意するもの】
・出生証明書の謄本又は抄本(発行後3か月以内のもの)
・フランス大使館が指定する質問票
・フランス国身分証明書又はフランス国籍証明書のコピー
・パスポートのコピー
【日本人が用意するもの】
・戸籍謄本の原本(フランス語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・フランス大使館が指定する質問票
・身分証明するもの(顔写真付き)のコピー
これらの書類を在日フランス大使館に郵送します。
☑日本の役場に提出するもの
【日本人が用意するもの】
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・戸籍謄本(本籍地以外で婚姻届を提出する場合)
【フランス人が用意するもの】
・婚姻要件具備証明書
・パスポートのコピー
婚姻届とともにすべての書類を提出します。日本側の手続後、フランス大使館に報告的届出を行います。
☑フランス大使館に提出するもの
・婚姻届記載事項証明書(日本の外務書で認証されたもの。フランス語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・フランスの戸籍への登録申請書

 

Ⅱ.フランスで先に結婚手続をする場合

☑フランスの役場に提出するもの
【フランス人が用意するもの】
・出生証明書
・居住証明書
【日本人が用意するもの】
・出生証明書
・慣習証明書
・独身証明書
この3つの書類は、在フランス日本大使館で取得します。そのためには、日本の外務省に認証された戸籍謄本が必要となります。
すべての書類をフランスの役場に提出し、その後、日本大使館に報告的届出を行います。
☑日本大使館に提出するもの
・フランスの役場発行の婚姻証明書(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・フランス人配偶者の身分証明書又はパスポート(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・日本人の戸籍謄本
・日本人の滞在許可証のコピー
日本大使館への届出が終われば、フランスでの婚姻手続は完了です。