「インドネシア人との国際結婚手続」

インドネシアでは、日本と同様に男性20歳、女性18歳から結婚できます。ただし、21歳以下の人は父母の同意が必要です。

Ⅰ.日本で先に結婚手続をする場合

まず初めに、インドネシア人の婚姻要件具備証明書を在日インドネシア大使館で取得します。
☑婚姻要件具備証明書を取得するために必要な書類
【インドネシア人が用意するもの】
・インドネシア人配偶者役場発行の独身証明書/出生証明書/家族登録簿/系統証明書/
 両親証明書
・パスポートのコピー
【日本人が用意するもの】
・日本人配偶者のパスポートのコピー(インドネシア語訳されたもので、翻訳者の署名
 入りのもの)
・日本人配偶者の戸籍謄本(インドネシア語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
※婚姻要件具備証明書の発給要件を満たさない者は、上記の戸籍関連書類を日本の役場に
 提出します。
☑日本の役場に提出するもの
【日本人が用意するもの】
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・戸籍謄本(本籍地以外で婚姻届を提出する場合)
【インドネシア人が用意するもの】
・婚姻要件具備証明書(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・パスポートのコピー(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
婚姻届とともにすべての書類を提出します。受理されれば日本側での手続は完了し、インドネシア大使館に報告的届出をします。
☑インドネシア大使館に提出するもの
・婚姻の事実が記載された戸籍謄本(インドネシア語訳されたもので、翻訳者の署名入り
 のもの)
・婚姻届受理証明書(インドネシア語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・夫婦各々のパスポートのコピー(日本人配偶者のものはインドネシア語訳されたもの
 で、翻訳者の署名入りのもの)
完了すると、婚姻証明書を発行してもらえます。

 

Ⅱ.インドネシアで先に結婚手続をする場合

インドネシアで婚姻する場合は、5つの宗教に従って婚姻の手続をしなければなりません。イスラム教徒は、イスラム宗教事務所、それ以外は、民事登録局で婚姻登録します。
まずは、在インドネシア日本大使館で婚姻要件具備証明書を発行してもらいます。
☑婚姻要件具備証明書を取得するために必要な書類
【日本人が用意するもの】
・戸籍謄本
・パスポートのコピー
【インドネシア人が用意するもの】
・インドネシア人配偶者の身分証明書(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りの
 もの)
☑手続の流れ
結婚相手が所属する宗教事務所又は民事登録局に以下の書類を提出します。
・婚姻要件具備証明書(インドネシア語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・インドネシア人配偶者の出生証明・家族登録簿
・夫婦各々のパスポートのコピー(日本人配偶者のものはインドネシア語訳されたもの
 で、翻訳者の署名入りのもの)
手続が完了すると、婚姻証明書を発行してもらえます。その後、日本大使館に報告的届出を行います。
☑日本大使館に提出するもの
・婚姻証明書(原本と日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・インドネシア人配偶者の国籍を証明する書類(原本と日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・戸籍謄本
婚姻届とともにすべての書類を提出すれば、日本大使館への報告が終わり、婚姻手続は完了です。