「フィリピン人との国際結婚手続」

フィリピンにおいて結婚できる年齢は、男女とも18歳以上です。フィリピン人同士の結婚では離婚できませんが、フィリピン人と外国人の結婚では離婚することは可能です。

Ⅰ.日本で先に結婚手続をする場合

フィリピン人の婚姻要件具備証明書を在日フィリピン大使館で取得します。これは、現在日本に在留資格をもって滞在している方にのみ発行されます。申請には、フィリピン人と日本人が2人揃って窓口で申請する必要があります。
☑婚姻要件具備証明書を取得するために必要な書類
【フィリピン人が用意するもの】
・パスポート
・在留カード
・出生証明書(PSA発行のもの)
※PSA:フィリピン統計局
・証明写真3枚(パスポートサイズ)
・無結婚証明書
【日本人が用意するもの】
・パスポート(フィリピン語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・戸籍謄本(フィリピン語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・証明写真3枚(パスポートサイズ)
☑市区町村役場に提出する書類
【フィリピン人が用意するもの】
・婚姻要件具備証明書(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・出生証明書(PSA発行のもので、フィリピン外務省認証されたもの)
・婚姻記録不存在証明書(PSA発行のもので、フィリピン外務省認証されたもの)

 

Ⅱ.フィリピンで先に結婚手続をする場合

フィリピンは査証免除国ではないので、日本に入国するには手続が煩雑です。そのため、現地在住のフィリピン人との結婚は、日本人がフィリピンに渡って先に結婚手続をするほうが良いです。まず初めに、婚姻要件具備証明書を取得します。
☑婚姻要件具備証明書を取得するために必要な書類
【日本人が用意するもの】
・戸籍謄本(離婚歴のある方は改正原戸籍、除籍謄本も必要)
・パスポート
【フィリピン人が用意するもの】
・出生証明書(PSA発行のもの)(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
☑手続の流れ
婚姻要件具備証明書取得後、以下の手続を行います。
・婚姻許可証の取得
婚姻許可証は、フィリピン人が居住する市区町村役場に申請します。その際、婚姻要件具備証明書も併せて提出します。
婚姻許可証は、申請者の氏名が10日間継続して地方民事登録官事務所に公示された後、特に問題がなければ発行されます。
婚姻許可証には、有効期間(120日)があります。
・婚姻証明書の取得
婚姻許可証の有効期間内に挙式を行います。フィリピンでは、婚姻を挙行できる権限のある者(裁判官や牧師)が法律で決められています。婚姻挙行担当官と成人2人以上の証人の面前で婚姻の宣誓を行い、婚姻当事者2名と証人が婚姻証明書に署名し、これを婚姻挙行担当官が認証することにより婚姻が成立します。その後、15日以内に婚姻証明書がフィリピン市区町村役場に送られ、地方民事登記官により登録されます。登録が完了すると、婚姻証明書の謄本が取得できるようになります。
フィリピン側の手続が終了したら、在フィリピン日本大使館又は日本の市区町村役場に報告的届出をします。
☑日本の市区町村役場に提出するもの
【日本人が用意するもの】
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・戸籍謄本(本籍地以外で婚姻届を提出する場合)
【フィリピン人が用意するもの】
・婚姻証明書(PSA発行のもの・日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・出生証明書(PSA発行のもの・日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
婚姻届とともにすべての書類を提出し、婚姻手続は完了です。