「台湾人との国際結婚手続」

台湾人の結婚の要件は、日本と同じで男性18歳、女性16歳から結婚できます。20歳未満の場合は、父母の同意が必要です。
日本は、中国との国交の関係で、台湾を国とは認めていません。そのため在日大使館はありません。その代わりに「台北駐日経済文化代表処」という機関が、日本における台湾の領事業務を行っています。

Ⅰ.日本で先に結婚手続をする場合

まず初めに、婚姻要件具備証明書を取得します。婚姻要件具備証明書は、「台北駐日経済文化代表処」で取得します。
☑婚姻要件具備証明書を取得するために必要な書類
・戸籍謄本(未婚事実の記載のあるもの)
・パスポート
・印鑑
・証明写真
☑日本の役場に提出するもの
【台湾人が用意するもの】
@婚姻要件具備証明書(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
A台湾の戸籍謄本(未婚事実が記載されているもの)(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
Bパスポート(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
【日本人が用意するもの】
@本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
A戸籍謄本(本籍地以外で婚姻届を提出する場合)
婚姻届とともにすべての書類を提出します。受理されれば、日本側での手続は完了です。
次に、台湾に報告的届出をする必要があります。
☑台北駐日経済文化代表処に提出するもの
・日本人の戸籍謄本(婚姻の事実が記載されたもの)(台湾語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・台湾の戸籍謄本(未婚の事実が記載されたもの)
・パスポート
・印鑑
婚姻届とともにすべての書類を提出します。証明書の発行を受けると台湾側での手続も完了です。  

 

Ⅱ.台湾で先に結婚手続をする場合

☑手続の流れ
日本人が必要な書類をもって台湾に行かなければなりません。
まず初めに、婚姻要件具備証明書を取得します。
☑婚姻要件具備証明書を取得するために必要な書類
・戸籍謄本(台北駐日経済文化代表処にて認証済みのもの)
この戸籍謄本をもって、台湾の台北又は高雄にある「財団法人交流協会在台事務所」で婚姻要件具備証明書を発行してもらいます。発行を受けたら、台湾の市区町村役場に婚姻届を提出して、受理されたら、婚姻の事実が記載された台湾の戸籍謄本を取得できるようになり、それで台湾での結婚手続は完了します。
☑台湾の役場に提出する書類
【日本人が用意するもの】
・婚姻要件具備証明
・パスポート
・印鑑
【台湾人が用意するもの】
・身分証明書
・印鑑
台湾の役場への届出が終われば、日本の市区町村役場で報告的届出をします。
☑日本の役場に提出するもの
【台湾人が用意するもの】
・婚姻の事実が記載された台湾の戸籍謄本(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・台湾の役場で発行された婚姻証明書(日本語訳されたもので、翻訳者の署名入りのもの)
・パスポートのコピー
【日本人が用意するもの】
・戸籍謄本
・身分証明書
・印鑑
日本の市区町村役場での届出が終われば、婚姻手続は完了です。